認定特定非営利活動法人クリエイティブサポートレッツ

にんていとくていひえいりかつどうほうじんくりえいてぃぶさぽーとれっつ

アルス・ノヴァ/のヴぁ公民館はNPO 法人クリエイティブサポートレッツが運営する障害児者通所施設と私設公民館である。
レッツでは平成20 年に「たけし文化センター」を起草。重度の知的障害のある「くぼたたけし」が持つ「やりたいことをやりきる熱意」を文化創造の源と捉え、その名を冠した個人同士の交わりが生まれる場を開いた。翌年開設したアルス・ノヴァでは、「やりたいこと」に寄り添う関わりを実践する。現在は、誰もが「居る」ことのできるのヴぁ公民館の運営のほか、個人個人の隠れた生活文化を顕在化する「表現未満、」プロジェクトを行っている。