TURNサポーター

TURNサポーターとは?

年1回開催するTURNフェスをはじめ、TURNミーティングTURN LANDでのお手伝いなど、TURN運営本部と一緒に活動全体をサポートしていただきます。

TURNフェス6サポーター募集!

2021年8月17日(火)から19日(木)までの3日間、東京都美術館で「TURNフェス6」を開催します。

今年で6回目のTURN フェスは「出会いが広がる」をテーマに、アーティストとさまざまな団体との協同活動を通して生まれた表現の展示や、映画上映などを通して、アクセシビリティやダイバーシティに関する理解を深めます。TURNフェスに訪れた人が“その人らしく”過ごす場づくりを行うのが、TURNフェスサポーターです!

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止対策を十分に行いながら、会場誘導やプログラムのサポートなど、来場者にTURNフェスを楽しんでいただくためのお手伝いを行っていただきます。
一緒にTURNフェスをつくりましょう!みなさまのご応募をお待ちしています!

TURNフェスサポーターの活動内容

サポーターは、来場者が心地よくフェスを楽しむためのナビゲーターです。福祉的なサポートを必要とする方を含め、さまざまな方が来場する会場で、来場者それぞれにTURNフェスの楽しみ方を見つけることができるような案内役を担います。フェス前には、来場者対応、TURNらしいアクセシビリティについて理解を深めるオリエンテーションを実施します。

こんな人にオススメ

・TURNのコンセプトに関心・共感を抱いた方
・アートプロジェクトの運営に携わりたい方
・医療・教育・障害などの分野で働いており、アートに関心がある方
・福祉に関心のある方

募集要項

活動内容

来場者の受付対応、会場誘導、介助やサポートが必要な方のお手伝い、アーティストの企画のサポートなど。

活動日時

①オリエンテーション(参加必須)
8月9日(月・休)14:00~16:00(オンライン開催)

②TURNフェス6会期
2021年8月17日(火)~19日(木)
ア)8月17日(火)9:00~13:00
イ)8月17日(火)12:50~17:30
ウ)8月18日(水)9:00~13:00
エ)8月18日(水)12:50~17:30
オ)8月19日(木)9:00~13:00
カ)8月19日(木)12:50~17:30

※上記の日程の中から、参加を希望する日時を選んでください。1日1コマ、一人最大3コマまで選択できます。例)ア・ウ・カ
※活動時間は変更になる場合があります。ご了承ください。 

活動場所

東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)

募集人数

60名程度

応募条件

・高校生以上の方 (18 歳未満、あるいは高校生在学中の場合は保護者の方の同意が必要です )
・メールによるやりとりができる方
・謝礼:なし(交通費支給なし)※ボランティア保険加入料は主催者が負担します
・記録・広報用の撮影にご了承いただける方
・TURNフェス6サポーターのメーリングリストへの登録にご了承いただける方
・オリエンテーションに参加できる方

募集期間

2021年7月14日(水)~2021年7月25日(日)

応募方法

※定員に達したため申し込みは終了しました。

※ TURN フェスサポーターに参加したことがある方も、お手数ですが再度応募をお願いします。
※ご提供いただいた個人情報は適切に管理し、本事業に関する業務以外の目的では使用いたしません。
※ご提供いただいた個人情報は、万が一新型コロナウイルス感染者が発生した場合に、接触者特定等の目的のため、保健所等の公的機関へ情報を提供する場合があります。また、ご提供いただいた連絡先にご連絡する場合があります。

応募締め切り

2021年7月25日(日)

※ 7月30日(金)までに、応募者全員に、参加の可否とその後のスケジュールをメールでご連絡します。
※応募者多数の場合、参加日数の多い方を優先させていただく場合がございますので、ご了承ください。

お問い合わせ

[TURN運営本部]
メールアドレス: supporter-info@turn-project.com
電話番号:03-3824-9039(10:00~17:15 土日祝日を除く)

サポーターのこれまでの活動

「TURNフェス」では、訪れた人が“その人らしく”過ごすことのできる場づくりを担っていただきました。会場や配布物等の準備をはじめ、来場者の受付対応、会場誘導、介助が必要な方のお手伝い、参加型プログラムのオペレーションサポート、作品鑑賞の支援などを行いました。サポーターの声かけや気配りが、鑑賞への一歩を後押ししています。 また、TURNミーティングの運営サポートなども行っています。

2020年度は、TURNの各プログラムの知見を深め、またコロナ禍においてアートプロジェクトを実施する際の知識や技術、アクセシビリティ等、TURNならではのテーマをもとに、TURNサポーターを対象とした勉強会を実施しました。

TURNフェスについてはこちらから

サポーターの声

ボランティアはこれが初めてだったので、至らない点も多くありましたが、多くの来場者に話しかけたり、障害をお持ちの方の案内を通じて自分自身の成長を感じることができました。

身近な人に、ここで感じた面白さを地道に伝えていきたいです。娘にも紹介したい!

「手話ができたらもっとコミュニケーションできるのに」などではなく、目の前に起こる出来事に対して、今の自分ができることを総動員するという姿勢を学びました。

自分が普段会わない人や出来事に出会え、新鮮でした。

来場者がどうしたら心地よくいられるか、と同時に自分がどう楽しむことができるかを考えるのがサポーターかもしれません。

レポート