DOOR LABO

どあらぼ

東京藝術大学で、2017年より履修証明プログラム「Diversity on the Arts Project」(愛称:DOOR プロジェクト)が始動した。DOOR プロジェクトは、「アート×福祉」をテーマに、「多様な人々が共生できる社会」を支える人材の育成を目指し、現代の福祉をより広い視点で捉え直す体系的かつユニークなカリキュラムを展開している。文部科学省が推奨する履修証明制度を活用し、修了者に対して履修証明書(Certificate)が交付され、社会人と東京藝術大学に在籍する学生がともに学ぶ場がつくられている。
このDOORプロジェクトの修了生が集う「DOOR LABO」は、現在福祉施設などでワークショップ実施するなど、東京藝術大学での経験を活かし積極的な活動を行っている。