岩間賢

いわまさとし

1974年千葉県生まれ。2002年東京藝術大学美術学部後期博士課程修了後、同大学教育研究助手を務め、2006年より3年間にわたり文化庁新進芸術家在外派遣研究員として中国で研修。
その後、ユニオン造形文化財団と吉野石膏美術振興財団から研究助成を受け、東アジアで創作研究活動を行う。現在、愛知県立芸術大学美術学部准教授。
これまでに「京都芸術祭」(京都)、「最上環境芸術祭」(山形)、「森のはこ舟アートプロジェクト」(福島)、「越後妻有アートトリエンナーレ」(新潟)、「中国ビエンナーレ」(中国)、「旺山開天ビエンナーレ」(韓国)などで作品を多数発表。
「遠い未来ではない、今から地続きの10年後の未来を多視点な角度から捉え、美術、音楽、ダンス、建築、農学、社会学、生命研究等、様々な分野が領域を超えて共振する新しい世界観・知の場をつくる必要がある」と考え、近年は、取手アートプロジェクト「半農半芸」(茨城)、「中房総国際芸術祭」(千葉)、「Onomichi AIR MUSEUM」(広島)、などでディレクターとして、多様な世代と分野の方々との協働プロジェクトや教育プログラムの企画なども行っている。
https://www.oh-mame.com