エクアドルで「TURN – LA TOLA」が進行中

2018.7.4

今年のTURNの海外プロジェクトは、エクアドル・キトの旧市街ラ・トーラで実施しています。
エクアドルの中でも歴史ある大学として知られるエクアドル中央大学との連携によって実現した今回のプロジェクトでは、アーティストの大西健太郎と小野龍一が参加し、5月末から現地で滞在しています。

大西は新潟県十日町市莇平に伝わる「シッチョイサ」という盆踊りを、小野は日本古来の音に対する感性である「もののね」をベースに、現地のアーティスト、エクアドル中央大学の学生、そして地域住民らとの交流を重ねており、その集大成として、7月7日(日)にラ・トーラを舞台にパフォーマンスの発表が決定しました。

赤道直下の国で展開されるTURNにご注目ください。

_____________

TURN – LA TOLA
期間:2018年5月〜11月頃
   交流プログラム 2018年6月〜7月
   パフォーマンス 2018年7月7日(土)
   展覧会     2018年10月〜(予定)
場所:エクアドル・キト(ラ・トーラ地区)
アーティスト:大西健太郎 https://turn-project.com/about/who/kentaro-onishi
        小野龍一  https://turn-project.com/about/who/ryuichi-ono
主催:エクアドル中央大学、国立大学法人東京藝術大学、東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、特定非営利活動法人Art’s Embrace

© Arts Council Tokyo