TURN in HAVANA開催のお知らせ

2019.4.16

Residencia de San Ignacio y Lampallia(高齢者施設)

2016年にブラジルにて開催後、2017年より東京藝術大学と連携し、アルゼンチン、ペルー、エクアドルなど、現在まで継続的に海外でのプロジェクトを実施しています。TURNはこの度、30年以上の歴史を持つキューバの国際展「ハバナ・ビエンナーレ」に招聘されました。第13回目を迎える今回のハバナ・ビエンナーレ2019のテーマは「可能性の構築(The Construction of the Possible)」。環境・政治・文化・福祉などあらゆる領域における更新の可能性を模索するハバナ・ビエンナーレを舞台に、日本人アーティストとキューバのアーティストが協働し、キューバにて「TURN in HAVANA」を展開します。

第13回ハバナ・ビエンナーレは、4月12日(金)に開幕。約1ヶ月間、ハバナ旧市街地各所の美術館や施設を舞台に、国内外のアーティストによるプロジェクトが催されます。TURN in HAVANAも、ハバナ・ビエンナーレの開幕にあわせて、展示とワークショップをスタートしました!

開催概要は、こちらをご覧ください。