活動日誌

眼差しと出会う

2021.3.31

永岡大輔アーティスト

交流先│

  • 渋谷区障害者福祉センター はぁとぴあ原宿

2020年度の前半は、はぁとぴあ原宿の屋上の畑でとれた雑草から利用者さんとスタッフさんが標本づくりを行い、利用者さんがその標本のスケッチなどを行いました。そして、2020年度後半は、スタッフの方が草の標本をつくり、その絵を利用者さんが描きました。この事は、利用者さんの眼差しを通じて世界と新しく出会っていくような体験になりました。

また、この活動をもとに、似顔絵を描く活動をはじめました。似顔絵を描くというのは、絵を描くというのとは少し違います。コミュニケーションの要素が極端に増えるのです。利用者さん3人がチームを組みこの活動を行っているのですが、少しずつ3人の個性がにじみ出てきています。今はまだオンライン上での活動ですが、早く直接会って活動できるのが待ち遠しいです。