活動日誌

地面の交換

2021.3.15

岩田とも子アーティスト

交流先│

  • HARMONY PRESCHOOL INTERNATIONAL

ハーモニープリスクール(HAPI)と遠隔で交流を行いました。はじめに、私からハーモニープリスクールへ手紙とカメラ、そして私が家の周辺で探した地面の写真を送りました。今度は受け取った子供たちが日常の中で「地面」を撮影し、その写真を素材に私がコラージュ作品を制作。最後にそれをハーモニープリスクールに送り、ウェブ上で顔を合わせて、子供たちの手でコラージュをさらに進化させました。子供たちが撮影した地面の写真は、コラージュの素材として小さなパーツになっていても、彼らが特別なものとして手にとる様子が画面越しでも伝わってきました。

これまでのように、顔を合わせてお話するところからではなく、互いに地面をとらえた写真を受け取るところから始まる交流というのが、とても刺激的でした。子供たちが撮影した地面の写真はどれも魅力的だったので「地面をどんなふうに見つけたの?」と聞いてみると「足と一緒に探したよ」と教えてもらいました。「ここにいたよ」あるいは「ここにいるよ」という素朴な発見を交換するような新鮮な感覚が今回の交流の中にありました。

また、歩いたことのない遠くの地面(の写真)を受け取ったことから始まった創作は「どうすれば地面を広げて大きくできるのか」という思考とともに進み、「そもそも地面はいったいどうやってできたのだろう」と、私自身の地面への興味が深まる結果となりました。その問いに対する注目すべき出来事が、最終的に子供たちが参加してくれたコラージュ制作の中にあったように思いました。

今後は、私と施設の間だけではなく、どこかの施設と施設間で地面の交換ができると面白いのではないかと想像しています。

HAPIに送った手紙
岩田から最初に送った地面の写真を見ながらさまざまな色や形を探す子供たち。