活動日誌

花見の「お」ダンス

2018.3.28

宮田篤アーティスト

交流先│

  • 板橋区立小茂根福祉園

きょうの《「お」ダンス》ワークは、ひとつのひろがりを考える時間でした。ふだんの動きであっても、それに対して「お」と観衆が投げかけることで違ったものに見えてくること。ワークをしている人だけではなく、そのまわりで不意に起こることにも「お」と投げかけてみること。

午後は散歩して桜の下でのワークをしました。舞台の上でワークをしたり、少しはみだしてみたり、まわりで花見をしているひとたちにも意識を広げてみたり。いちばんはじめの、小さなふたりだけの《「お」ダンス》のやりとりから、空間的にも、関係的にもやりとりが少しずつひろがってゆくような、年度の最後のワークでした。