活動日誌

三味線の音で時空が歪む

2018.2.22

伊勢克也アーティスト

交流先│

  • 認定特定非営利活動法人ももの会

今日は演芸の日。実は20年も三味線と唄を習っていて(全く上手くはならないが)、それでは披露してくださいという施設長の命令(?)で落語の合間に披露する。和服に着替えて3曲ほど弾き語り。大汗かいて大恥かいて。

>吉原そばの箕輪生まれのご婦人
何はともあれ、三味線の音が懐かしいというご婦人が。小学校の友達が吉原遊郭の楼の子で、小さい頃は遊郭の中で遊んだ事もあると。なんとお女郎さんと一緒にお風呂に入ったこともあるそうで。
泪橋の名前の由来なども聴けて、お帰りの時間までおしゃべりを楽しませていただく。他にも日本橋生まれの三味線のお師匠さんもいらっしゃることを知る。なんと97歳。