活動日誌

グランサマーフェス本番

2019.8.24

ラ・マーニャとユミ

交流先│

  • 上町工房

※英語で書かれた活動日誌の日本語訳です。

僕はメンバーたちが感情的になったり、終始幸せそうに見えたりしてとても驚いた。なぜなら、フェスが始まる前の張り詰めた空気に、僕もナーバスになり始めていた。それなのに、フラダンスのステージが始まると、ステージ上のメンバーはいつも以上に凛々しく感じた。もしかしたら、僕が彼らのことを誇らしくて、そう見えただけなのかも。
リンボーとサルサの時間が始まると、メンバーのほとんどが立ち上がって、誇らしげに(僕にはそう見えた)ステージに向かって歩いてきた!
周りには彼らの家族や友人、ご近所さんたちがいて、僕も彼らの一部となった。僕は演奏中、自分のいるところから周りの人を眺めているだけに見えるけれど、目の前にいる人たちが何をしているか、彼らがどう感じているか、その雰囲気をいつも感じるようにしている。もちろん僕の勝手な解釈はあるかもしれないけれど。そうして感じたのは、単に楽しい雰囲気だけじゃなく、彼らが美しく輝かしかった、ということ。
ただ、一つだけ心配だったのは、午後のステージの終わりにメンバーのMさんが泣いているように見えたこと。彼が疲れていたのか、それとも重要な1日をやり遂げて、彼が誇りに思っていたからなのかは、わからなかったんだ。

セバスティアン・ブイトラゴ

At the grand summer fes

I was very surprised how emotional the members get and how happy they look all day activities on the day of the grand summer fes. Feeling their tensed atmosphere in the room before starting the fes, I also started to feel nervousness. In spite of that, when the stage started while dancing their hula, I felt their head were held higher than usual, or it could be it was me feeling so proud of them.
When we started to play limbo and salsa time, I was surprised most of the members stood and proudly ( I felt in this way ) walked to the stage!
There were their families, friends and neighbours, and I was a part of them. I am usually observing from where I am, it sounds general but I’d like to think I can see others and from my professions I read atmosphere. It was not only fun feeling but they are glorious. Just one thing it worried me when the ending the stage in the afternoon M-san seemed tired and in tears. I wasn’t sure if he was not feeling alright or because of emotion that they completed their important day and he was proud.

Sebastian Buitrago