活動日誌

アトリエ・エー

2019.7.16

セピーデ・ハセミアーティスト

交流先│

  • アトリエ・エー

※英語で書かれた活動日誌の日本語訳です。

引っ越しをしたばかりで、期待通りにものごとは上手くいかなかったし、やらなければならないことが山ほどあって、とても疲れてイライラしていました。 それでも私はカメラバッグを肩に掛けて外に出かけました。

道すがら、気分を盛り上げるために前向きな言葉を自分に言い聞かせました。「今この瞬間を生きる」、「現状のままの生活をエンジョイする」、「挑戦やハードルを愛する」など。 けれど、それも全くうまくいきませんでした。

そしてついにアトリエ・エーに到着! 最初は入って挨拶をするのをためらいましたが、数秒後には魅了されていました。自分に言い聞かせてきた言葉が、思いもよらずに目の前ではっきりと見えてきたのです。

そこにいる、インスピレーションと自信を持って障害を克服してきた人たちは、私がそうした冷静に物事を見る目を長い間失っていたことを思い知らせてくれました。

クリエイティブなアーティストになりたいと思ってきた私は、そこにいました。無限の創造性と純粋さを持つ人たちに囲まれながら。

ーーあなたの失敗や弱さを成長の機会に変えていくことよりも、もっと尊敬し、美しいものです。

私の存在が気づかれないようにカメラを部屋の隅に置いて隠そうとしたこともあるにもかかわらず、彼らのほとんどがコミュニケーションをとり、私の緊張をほぐしてくたことを今でもよく覚えています。そして、私の国について質問したり、彼らが知っている英語を話したりしてくれました。 私はここにいることにワクワクし、作品をつくるトレーニングを受けてきていない中でこんなにも美しいものをつくりあげている彼らとその一人ひとりの世界の純粋な心に出会いました。ここに、4回訪問することができ、彼らから多くのことを学べたのは、とても幸運なことでした。

[写真:セピーデ・ハセミ]

atelierA

I had just moved out, things didn’t go the way I expected and I had plenty of tasks to carry out, therefore I felt so exhausted and frustrated.
Nevertheless, I Slung the camera bag over my shoulder and went out.

On the way I kept telling myself positive phrase to uplift my mood; “live for the moment”, “enjoy the life as it is”, “love challenges and hurdles” and etc. Clearly, it didn’t work.

Finally there I was! Despite the fact that I first hesitated to get in and greet, I mesmerized a few seconds later. I didn’t expect what I see, I saw those words telling to myself clearly in front of me.

A group of inspired, confident people overcome their disabilities and were there to show me that I had lost the sense of perspective long ago.

I was pushing myself into being a creative artist and there I was, in between people with limitless creativity and purity.

What is more respectful and beautiful than making your failures and weaknesses into opportunities to grow.

I still remember well that, although, I was trying to hide with my camera in the corner of the room to avoid being noticed, most of them came over to communicate and break the ice, and even asking me questions about my country and sharing their English knowledge with me. I was thrilled to be there and watch those pure souls in their own world, making such wonderful artworks without being trained before, I was so fortunate to visit there 4 times and learned a lot from them.