Sebastian Camacho Ramirez

せばすちゃんかまーちょらみれす

アーティスト

1982年、コロンビア・ボゴタ生まれ。アルゼンチン国立美術大学で修士課程を履修。アルゼンチン・ブエノスアイレスの財団や、コロンビア・ボゴタの博物館や諸機関との様々なプロジェクトに取り組んでいる。また、ホルヘ・タデオ・ロサノ大学、サジェ大学(共にコロンビア)でも教鞭をとり、現在はボゴタとブエノスアイレスのギャラリーの代表を務める。
美術史や世界史が更新されることに関心があり、物事の秩序を支配する架空のものを疑問視し再考しようとする芸術家の伝統やムーブメントの中に私自身を位置づけている。また、芸術的行為が生じるさまざまな事例を調べ、自問する。それは語ったり説明したりするのは容易だが、予知するのは難しい状況と考えている。