小林勇輝

こばやしゆうき

アーティスト

芸術家、パフォーマンスアーティスト。1990年東京生まれ。2008年ハワイ州立大学付属カピオラニコミュニ ティーカレッジ在学後、2010年に渡英。2014年ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ学位課程卒業後、日本人として初めてロイヤル・ カレッジ・オブ・アート、パフォーマンス科に入学、2016年修士号終了。自身の身体を中性的な立体物として用い、性や障害、人種的な固定観念に問いかけ、自由と平等の不確かな社会コードを疑い、人間の存在意義を探るパフォーマンス作品を中心に発表。現代美術作品だけでなく、舞台や映像作品にも多数携わる。

2015年
Fluxus event scores(White Cube Gallery・ロンドン)
個展「New Gender Bending Strawberry」(ブリュッセル)
Slick Art Fair 2015(パリ)
2016年
ダダ100周年フェスティバル(スパイラル・東京)
「共に行動する」(ASAKUSA・東京)
2017年 
ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017(象の鼻テラス・横浜)
Perform 2017ArtSonje(ソウル)
Peckham 24(Bosse & Baum・ロンドン)
2018年
Marina ABRAMOVIĆ 回顧展「The Cleaner」(Bundeskunsthalle・ドイツ)
18th Asian Art Biennale 2018 (バングラディシュ)
Nuit Blanche 2018(アンスティチュ・フランセ関西・京都)
Dance New Air 2018(VACANT・東京)
2019年
Vocalis(Beaconsfield Gallery・ロンドン)、など