【参加者募集!】TURN LAND:クラフト工房La Mano「テレ手のプロジェクト2020 Vol.4 ―綿花から糸へ..―」11/8(日)オンライン開催!

2020.10.19

2019年12月に実施したTURN LAND「手のプロジェクト 2019 vol.9」。「スピンドル」使って糸を紡ぐ様子。撮影:おおかわらあさ子

東京都町田市にある障害のある方の作業所「クラフト工房La Mano(ラマノ)」で行っているTURN LAND「手のプロジェクト」。「手」にまつわる行為や所作、表現に着目し、さまざまな人たちと一緒に一から畑を耕し、綿づくりを行っています。

今年度は、オンラインで行う「テレ手のプロジェクト」を実施しています。「テレ手のプロジェクト」の参加者は、5月から各自の自宅で綿を育てており、早いところでは実が弾け、綿の収穫がはじまっています。

今回は、新たに参加者を募集し、ラマノのスピンドルのパーツと、参加者の自宅にある身の回りの物を組み合わせて、オリジナルのスピンドルをつくります。スピンドルとは、綿花から糸を紡ぐ道具で、コマのようにクルクルと回して、綿の繊維をねじり合わせながら一本の糸を作ります。自分の手で物をつくる楽しさを味わいながら、糸ができる原理について学びます。また、和綿栽培・手つむぎ指導活動を行うTokyo Cotton Villageのトミザワタクヤさんをアドバイザーとしてお招きし、綿にまつわる様々なお話をしていただく予定です。

初めての方も大歓迎です!是非ご参加ください。