【参加者募集!】TURN LAND:気まぐれ八百屋だんだん「町にでるんばにアイデアをのせるんば」2/13(土)開催!

2021.2.3

9月20日に開催した「第1回町にでるんば」でリヤカーを引いて町に繰り出す野口竜平さん。写真:鈴木竜一朗

大田区にある気まぐれ八百屋だんだん(以下、だんだん)は、こども食堂や寺子屋など地域に根ざした活動を行う、コミュニティ八百屋です。2017年度からTURN LANDとしての活動をスタートし、「おとな図鑑」や「だんだんHEKIGAプロジェクト」など、学生ボランティアと一緒に活動を行ってきました。2020年9月に、芸術探検家の野口竜平さんがだんだんを拠点に町に繰り出しさまざまな人や物事に出会っていくプロジェクト「第1回町にでるんば」を開催。野口さんがリヤカーを引っ張りながら町を歩き、参加者は野口さんを通して、普段とは異なる町との出会いを体験しました。

今回は、「町にでるんばにアイデアをのせるんば」と題し、リヤカーを用いて町に出かけるとしたらどんなことができそうか、どんなリヤカーがあると町と面白く繋がることができるのか、参加者とオンラインで一緒に考えます。
前半は「町にでるんば」の活動やリヤカーの可能性について、だんだん代表の近藤さんと野口さんが語ります。後半は参加者とのグループワークを通して、宇宙にひとつだけのだんだんオリジナルのリヤカーを考えます。「町にでるんば」のリヤカーに、皆さんのアイデアをのせてみませんか?