第8回TURNミーティング:梶谷真司さん 登壇決定!

2019.4.26

左から梶谷真司氏、松田崇弥氏、ライラ・カセム

第8回TURNミーティング(2019年5月12日開催)にて、新たに哲学者の梶谷真司さん(東京大学大学院総合文化研究科教授)のご登壇が決定しました。

梶谷さんは、「問う、考える、語る、聞く」を基としたインクルーシブな対話に深く興味を持ち、多様な現場でだれもが参加できる哲学対話を、様々なコミュニティで実施してきました。「『哲学』は生きているかぎり、どんな人にも必要である」「赤ん坊でも哲学はできる」などの提言をされており、「考える」ということを起点にし、社会の様々な問いに気づくようになるといいます。

梶谷さんを新たなゲストに迎え、松田崇弥さん(ヘラルボニー代表取締役、「未来言語」共同代表)、ライラ・カセム(TURNプロジェクトデザイナー)とともに、様々な特性をもつ人々が交じりあえる言語や、言葉の概念にとらわれないこれからの「コミュニケーション」について、思考を深めます。

詳細は、こちらよりご覧ください。