成果物

TURN LANDアーカイブ「でるんば通信 2020年度」(気まぐれ八百屋だんだん)

2021.3.20

大田区にある気まぐれ八百屋だんだん(以下だんだん)は、こども食堂や寺子屋など地域に根ざした活動を行っています。今回、2020年度のTURN LANDの展開をもとに「でるんば通信 2020年度」を発行しました。

だんだんを拠点に町に繰り出し、芸術探検家の野口竜平さんとともに「町の新しい機能や可能性の気づき」を共有/蓄積/発展させてゆくプロジェクト「町にでるんば」。“架空の記者”の視点でだんだんでのTURN LANDの様子をまとめたルポや、さまざまな記録資料から活動を振り返り、だんだんの「町とつながる方法」を紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

「でるんば通信 2020年度」

発行:気まぐれ八百屋だんだん
編集・デザイン:鈴木健太
執筆:野口竜平、鈴木健太
編集協力:岩中可南子、村方光沙子(NPO法人 Art’s Embrace)
写真:鈴木竜一朗
発行日:2021年3月20日
仕様 … ブランケット版
頁数 … 4頁

下記のリンクより、PDF版をダウンロードいただけます。ぜひご覧ください。


関連記事