イベント

第12回TURNミーティング

2020.11.29

見て、感じ取り、 伝え合う表現の世界

アートプロジェクト「TURN」の可能性について考え、語りあう「TURNミーティング」。

第12回目となる今回は、コミュニケーションの様々な表現の仕方について思考を深めていきます。今回のキーワードは「ろう文化」。耳から聞こえてくる言葉ではなく、複数の人の表情・手話・間合いなどを通して繰り広げられる対話の神髄と、その魅力に迫ります。

前半では、様々な感覚や知覚があることに向き合います。TURN監修者の日比野克彦が、視覚と聴覚を用いずに、手の感覚をもとに描いた「触画(しょくが)」を通して、新しい知覚と表現の世界に出会おうとする試みと、イメージすることによって広がる可能性についてお話しします。

トークの合間には、ラップクリエイターのマチーデフによるパフォーマンスも! ぜひお楽しみください。

※11月29日(日)17:30より、本ページにて配信を行います。
また、TURN公式facebookのライブ配信からも視聴いただけます。

開催概要

日時

2020年11月29日(日) 17:30~19:00
※オンライン開催

スピーカー

高島由美子(手話通訳士)
那須英彰(俳優、手話ニュースキャスター)
モンキー高野(手話フレンズ代表)
日比野克彦(TURN監修者)

パフォーマー

マチーデフ(ラッパー、作詞家、ラップ講師)

参加費

無料 ※事前申込不要、手話通訳・文字支援等のアクセシビリティサポート付き

主催

東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、
特定非営利活動法人Art’s Embrace、国立大学法人東京芸術大学

当日スケジュール

17:30

開始

17:30~17:40

はじまりの挨拶

17:40~17:55

第1部 「触画」をしてみた
出演者:日比野克彦(TURN監修者、アーティスト、東京藝術大学美術学部長・先端芸術表現科教授)
聞き手:森 司(TURNプロジェクトディレクター)

17:55~18:10

パフォーマンス
パフォーマー:マチーデフ(ラッパー、作詞家、ラップ講師)

18:10~18:55

第2部 「ろう文化」ってなんだろう?
出演者:高島由美子(手話通訳士)、那須英彰(俳優、手話ニュースキャスター)、モンキー高野(手話フレンズ代表)、日比野克彦

18:55~19:00

おわりの挨拶

※出演者やプログラム内容等は、やむを得ない事情により変更になる場合がございます。
※参加に関わるインターネット通信費用はお客様のご負担になります。
※配信には最善の準備を行い実施しますが、生配信である特性上、不慮の一時停止や乱れなどが起こる可能性がありますことをご了承ください。

出演者

高島 由美子(たかしまゆみこ)
手話通訳士

1970年、神奈川県生まれ。5歳の頃よりモダンダンスを習い、年上の女性の先生に恋心を抱く。25歳の時、高校時代から付き合っていた同級生の男性と結婚。ショーダンサーとして勤務し、退職、留学、結婚、病気、別居、離婚を経て、現在はフリーランスの手話通訳士として手話通訳や手話講師の仕事をしている。ろう者のパートナーと共に暮らして20年のパンセクシュアル。世田谷区のパートナーシップ宣誓書も受領している。

那須 英彰(なすひであき)
俳優、手話ニュースキャスター

1967年、山形県生まれ。2歳の時に両全ろうとなる。幼い頃から映画と演劇に興味を持ち、青森の劇団や日本ろう者劇団で計15年間、舞台出演。NHK Eテレ『手話ニュース845』に出演。著書に『手話が愛の扉をひらいた』『出会いの扉にありがとう』がある。講演、一人芝居活動のほか、社会福祉法人全国手話研修センターの日本手話研究所研究員として手話の普及に携わる。

モンキー高野(もんきーたかの)
手話フレンズ代表

神奈川県生まれ。都立石神井ろう学校卒業。両親、妹ともに耳の聞こえないデフファミリーの家庭に育つ。映画『アイラブユー』やNHK『みんなの手話』に出演。劇団や夫婦漫才など、幅広い活動を行う。2015年に手話の指導や教材制作、情報発信を行う手話フレンズを創設。現在、全国のろう学校などで講演やワークショップを行う。「日本手話の魅力とは?」「ろう者、聴者の手話コミュニケーションのズレ」など自身の経験をもとに、手話の魅力やろう者の日常について伝えている。

マチーデフ
ラッパー、作詞家、ラップ講師

プロフィールはこちら

日比野克彦(ひびのかつひこ)
TURN監修者、アーティスト、東京藝術大学美術学部長・先端芸術表現科教授

(c)Mitsuru Goto

プロフィールはこちら

関連記事