イベント

TURN LAND「四コマ漫画文通式劇場 こもね座『電光!!ギガマスバイオーム』」(板橋区立小茂根福祉園)

2021.12.8

四コマ漫画文通式劇場 こもね座『電光!!ギガマスバイオーム』(2021年12月8日開催予定)のポスター

板橋区立小茂根福祉園では、定期的に施設に通うアーティストの大西健太郎宮田篤とともに、「『お』ダンス」(言語を用いずに、身体や表情を介したコミュニケーションを通して、人と人の新しい出会い方や身体のもつもう一つの「ことば」を探求する試み)や「きらりグッと」(※)を展開してきました。2020年からは、小茂根福祉園のメンバーとスタッフ、アーティストが三位一体となって取り組む「こもね座」を始めています。

※きらりグッと
誰かのちょっとした良いところや、心に残ったことなど、「きらり」としたり「グッと」きた時の気持ちを切り取って、他の人に伝えてみる試み。

2021年1月には「こもね座」のメンバーと4コマ漫画を通して文通する「リモート文通式劇場 こもね座『4コマバイオーム』」を開催しました。

「リモート文通式劇場 こもね座『4コマバイオーム』の様子。こもね座メンバーが描いた4コマに、参加者が新たな4コマを挟み込みました。

今回の「四コマ漫画文通式劇場『こもね座 電光!!ギガマスバイオーム』」では、「リモート文通式劇場 こもね座『4コマバイオーム』」を発展させ、メンバーの描いた4コマ漫画に、参加者の想像や妄想から自分の物語を新しいコマとして足すことで、予期せぬ新たなストーリーを作成していきます。イベントには、こもね座メンバーもオンラインで参加し、参加者と4コマ漫画のやりとりを行います。こもね座メンバーの4コマ漫画の世界に入り込んだり、オンライン上でメンバーと交流をしたりすることで、「こもね座」の魅力を感じる内容となっています。また、メンバーを紹介する短編映像の上映も行います。はじめての方も、ぜひ、ご参加ください。

—————————————————————

<アーティストからのメッセージ>

大西健太郎
ここは、“オンライン”という架空の場に開かれた、目には見えない「劇場」です。瞼を閉じて、あなたのコンピュータの画面を開き、もう一つの網膜に接続してください。演目を鑑賞する際は、舞台へ向けて「電光」を照射してください。劇空間は小さな「マス目」の集合でできています。そこでは、「わたし」が照らす1マスと、「あなた」が照らす1マスが重なり、イメージが連なります。さらに他の誰かが照らすたくさんのマス目たちが折り重ってできる「無数のマス目(=ギガマス)」を透過してパフォーマンスが映し出されます。誰から発せられたともつかない「マス目」「ますめ」「mass-me」のイメージたちがいきいきと芽を出し、見たこともない群舞を踊っています。

宮田篤
あたらしい挑戦の「電光!!ギガマスバイオーム」、TURN LANDにおけるコロナ以降のさまざまな取り組みと、それより前のいろんな活動のエッセンスがぎゅっと詰まったものになりそうです。行きかう電光とマス目の中へ、ぜひ「こもね座」のみなさんと一緒にとびこんでみてください。

—————————————————————

【開催概要】

日時:2021年12月8日(水)13:30~15:30(開室 13:15)[オンライン開催]
参加費:無料
定員:10名(予約制、先着順)
※参加者には事前にイベント参加用のURL情報をお知らせします。
※事前に参加型制作キットを郵送にてお送りします。
※ネットワーク環境の安定した場所にて、パソコンからのログインをお勧めします。
※参加に関わるインターネット通信費用はお客様のご負担になります。
※配信には最善の準備を行い実施しますが、生配信である特性上、不慮の一時停止や乱れなどが起こる可能性がありますことをご了承ください。

【申し込み方法】

参加希望の方は、小茂根福祉園の公式ウェブサイトよりお申し込みください。
詳細は小茂根福祉園のウェブサイトをご覧ください。

[締切:2021年11月30日(火)]
※お預かりした個人情報は、適切に管理・保管し、本事業の実施及びご案内のみに使用します。
※定員になり次第締め切らせていただきます。

*小茂根福祉園でのこれまでの「TURN LAND」の活動については、小茂根福祉園の「『お』ダンス」ウェブページや、TURN公式ウェブサイトの活動日誌(大西健太郎さんの活動日誌宮田篤さんの活動日誌)をご覧ください。

関連記事