イベント

TURNフェス2021

2021.7.19 - 9.5

※「TURNフェス2021」は、9月5日(日)で全てのプログラムを終了しました。なお、TURNフェス6オンラインプログラムは9月30日(木)まで、TURNフェス2021特設ウェブサイト上で、各コンテンツをご覧いただけます。(2021年9月6日更新)

※TURNフェス6オンラインプログラムのアーカイブ公開は終了しました。下記のプログラムは、TURN公式ウェブサイトより引き続きご覧いただけます。(2021年10月1日更新)
※「TURN Tunes」を公開しました。(2021年10月15日更新)

「TURN NOTES」:井川丹(作曲家)
「TURN NOTEリーディング」:向坂くじら(詩人)とカニエ・ナハ(詩人)
「対談:渡辺篤(現代美術家)×斎藤環(精神科医、批評家)」
「TURN TV」:ライラ・カセム (TURNプロジェクトデザイナー)
「TURN Tunes」:稲継美保(俳優)

TURNフェスは、TURN交流プログラムやTURN LANDを実施する多様なアーティストや交流先の活動が一堂に集まるフェスティバルとして年に1度開催しています。

「TURNフェス2021」では、東京都美術館と特設ウェブサイトにて「TURNフェス6」、そして国立新美術館にて「TURN茶会」を実施します。作品展示や映画上映などを美術館で展開するほか、特設ウェブサイトを通して、遠隔からさまざまな表現やアーティストたちと出会い、交流できる機会を開きます。

詳細はTURNフェス2021特設ウェブサイトをご覧ください。
https://fes2021.turn-project.com

TURNフェス2021概要

TURNフェス6:東京都美術館

アーティストとさまざまな団体との協同活動を通して生まれた表現の展示や、映画上映などを通して、アクセシビリティやダイバーシティに関する理解を深める機会をつくります。年間を通して展開するTURN交流プログラムやTURN LANDの活動を紹介するほか、社会状況の変化に応じて2020年度に刊行したTURNジャーナルや、アーティストや各方面の専門家たちと実施したTURNに関わるリサーチ「TURNラボ」から生まれた新しいアプローチの共有を通して、持続性のある活動のあり方を思考する機会を創出します。

会期・時間: 2021年8月17日(火)~19日(木)9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
会場:東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36) ロビー階 第1・第2公募展示室、講堂
入場:無料 
参加作家・団体:井川丹、伊勢克也、五十嵐靖晃、岩田とも子、大西健太郎、気まぐれ八百屋だんだん、クラフト工房La Mano、板橋区立小茂根福祉園、永岡大輔、ハーモニー、松本力、マチーデフ、山本千愛、アイムヒア プロジェクト|渡辺篤、富塚絵美、佐藤慎也、本多達也、橋本瞭、島影圭佑、梶谷真司、田村大、丸山素直、PARC ほか ※順不同
主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京・東京都美術館、
特定非営利活動法人Art’s Embrace、国立大学法人東京芸術大学
共催:東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

TURNフェス6:オンラインプログラム

さまざまな表現やアーティストと出会うプラットフォームを展開します。オンラインワークショップのほか、一人ひとりがそれぞれの場所にいながら関わることのできる参加型企画や、TURNの活動や制作プロセスに触れる写真や映像など、多彩な形でお届けします。

開催期間: 2021年7月19日(月)~9月5日(日)
会場:TURNフェス2021特設ウェブサイト(https://fes2021.turn-project.com/
参加作家:アイムヒア プロジェクト|渡辺篤、マチ―デフ、山本千愛、永岡大輔、飯塚貴士、稲継美保、松本力、田村大、パポとユミ ほか ※順不同
主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京・東京都美術館、特定非営利活動法人Art’s Embrace、国立大学法人東京芸術大学
共催:東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

TURN茶会

「地球・人をアートで問う」をテーマとした「TURN茶会」。互いの心持ちを交わし合うという機能を持った空間を茶室と見立てて、お茶の時間を過ごす代わりに、互いに手を動かしながら何かを作ったり、イメージしたりする時間を過ごします。大空間の展示室には、竹で組んだ12の茶室があります。そのうち11の茶室では、11組のアーティストがこれまでに海外で行ってきたTURNの活動をもとに、来場者と一緒に手を動かします。中央の茶室では、TURN監修者の日比野克彦がファシリテーターを務め、海外の芸術大学と東京藝術大学の教員がオンラインで語り合い、互いの心を交わします。

会期・時間: 2021年7月23日(金・祝)〜8月9日(月・休)10:00~18:00
毎週金・土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)※休館日:火曜日
会場:国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2)企画展示室2E
入場:無料  
参加作家:五十嵐靖晃、瀧口幸恵、岩田とも子、永岡大輔、大西健太郎、小野龍一、林奈緒子、徳本萌子、松橋和也、高岡太郎、許允(ホユン) 、布下翔碁、そねまい ※順不同
国際交流オンライン茶室参加機関等と東京藝術大学の担当教員:
ウィーン応用芸術大学⇔三井田盛一郎
英国建築協会付属建築学校(予定)⇔金田充弘
エクアドル中央大学⇔日比野克彦
国立トレス・デ・フェブレロ大学⇔日比野克彦
国立トゥクマン大学⇔日比野克彦
ロンドン芸術大学、パリ国立高等美術学校、チューリヒ芸術大学(Shared Campus)⇔今村有策ほか
西安美術学院⇔工藤晴也
ヴロツワフ美術大学⇔ミヒャエル・シュナイダー
ホーチミン市美術大学⇔齋藤芽生
ミラノ工科大学⇔樫村芙実
ミュンスター美術アカデミー⇔小山穂太郎・林武史
ミュンヘン美術アカデミー(予定)⇔杉戸洋
米国美術系大学教員(予定)⇔スプツニ子!
主催:国立大学法人東京芸術大学、国立新美術館、東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、特定非営利活動法人Art’s Embrace
共催:東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会