エクアドルで実施した「TURN-LA TOLA」をレポート!

2019.3.6

2016年のブラジル、2017年のアルゼンチンとペルーに続き、TURNの南米での展開が続いています。2018年は、5月から7月にかけて、赤道をまたいで位置するエクアドルにて実施しました。
「TURN-LA TOLA」は、エクアドルの首都キトにあるラ・トーラ(La Tola)地区を舞台に、エクアドル中央大学と連携して取り組みました。
ダンサーの大西健太郎と音楽家の小野龍一が、約45日間の滞在をとおして、現地の学生や地域住民との交流を重ね、7月7日にライブパフォーマンス作品を発表。
二人のアーティストの活動に約1週間同伴したスタッフが、現地での様子を数日間に分けてレポートします。

2018.6.29
「TURN-LA TOLA紀行 -エクアドル中央大学」

2018.6.29
「TURN-LA TOLA紀行 -大西健太郎@カサ・ソモス」

2018.6.29
「TURN-LA TOLA紀行① -小野龍一@カサ・デ・ラス・バンダデス」

2018.6.29
「TURN-LA TOLA紀行 -大西健太郎@エクアドル中央大学」

2018.6.30
「TURN-LA TOLA紀行 -大西健太郎@カサ・ソモス」

2018.7.1
「TURN-LA TOLA紀行 -リハーサル」

2018.7.2
「TURN-LA TOLA紀行 -日比野さんとの打ち合わせ」

2018.7.3
「TURN-LA TOLA紀行 -大西健太郎@エクアドル中央大学」

2018.7.4
「TURN-LA TOLA紀行 -大西健太郎@カサ・ソモス」

2018.7.5
「TURN-LA TOLA紀行 -ラ・トラの子供たちとのワークショップ」

2018.7.5
「TURN-LA TOLA紀行 -エクアドルの政治や文化について」

文:畑まりあ(アーツカウンシル東京)